本文へスキップ

工場の作業員が倒れた時に事務所に連絡が届くアラーム装置。

省力化対策.com

工場の作業員が倒れた時に事務所に連絡が届くアラーム装置。

工場や作業現場の作業員が熱中症で倒れた時に事務所に連絡が届くアラーム装置をさがしています。

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置をおすすめします。

作業員はジャイロセンサー内蔵の小型発信器を腰ベルトに装着します。
発信器は携帯電話サイズです。
作業員はジャイロセンサー内蔵の小型発信器を腰ベルトに装着します

高性能ジャイロセンサー(角度センサー)内蔵の小型携帯発信器は作業員が倒れて動きがなくなったとき、
もしくは、携帯発信器の押しボタンを長押しした時に、緊急事態発生と判断して100〜120m離れた場所の警報受信盤に知らせ、助けを呼びます。
通信距離を伸ばす中継機もご利用いただけます。


警報アラームの作動条件。

1.自動送信 
一定時間、発信機が倒れて動かない状態が継続した時。
ジャイロ発信器を60度以上倒します。(人が倒れて動けない状態)
倒れた状態が約30秒以上経過すると発信機から予告音のピーッピーッ音が鳴り始めます。さらに30秒経過するとピーッピーッ音のテンポが早くなり、 警報表示盤に向けて電波が発信されます。

2.手動送信 
携帯発信器の押しボタンを3秒以上長押しした場合。


(電波の届く距離 100〜120m)


警報表示盤。
携帯式ジャイロセンサー発信器からの電波を受けるとアラーム音を発しランプを点滅させます。

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置
工場や研究室、クリーンルームなどで少数で作業中の従業員の安全管理におすすめします。
作業員が意識を失ったときはジャイロセンサーが働いて自動的に事務所や警備室、守衛室などへ緊急通報を行います。

昼夜を問わず、一人作業中に万が一事故や災害が発生したときに、事務所や守衛室、 さらには電話回線やメールを使って工業外の責任者の携帯電話に緊急連絡を可能にした産業用社員安否確認システムです。

高性能ジャイロセンサー内蔵の小型携帯発信器は、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。 予め設定された時間が経過しても作業員に動きの無いときは携帯発信器から予告音が発せられ、 それでも動かない時は事故発生と認識して電波を発信、事務所や守衛室などに緊急呼び出しコールを自動的に行います。
緊急連絡を行う非常押しボタン付き。

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置