本文へスキップ

無線タイプの接点信号伝送装置。特定小電力無線で自動異常通報。

省力化対策.com

無線タイプの接点信号伝送装置。長距離無線で自動異常通報。

設備や警報盤から接点信号(無電圧a接点信号)を出力されると、長距離無線で離れた場所に設置された無線受信機のパトランプを回転させて接点異常を報せます。

設備や警報盤から接点信号(無電圧a接点信号)を入力されると無線で現地から離れた場所のパトランプをまわして異常を報せます。
接点入力型無線自動通報システム(特定小電力無線)

ワイヤレスシステム、無線通報システムを使って機械異常の無人監視。管理保守作業員の合理化、人件費削減、少数化、手間や労働力を省きます。



専用の無線送信機は各種設備からの接点信号(無電圧a接点信号)を受けて、電波で離れた場所の受信機に向けて自動的に異常を報せます。

各種警報機の24時間異常監視、工場内の作業機械などの設備の運営効率の向上、省力化、各種センサーの監視にお役に立てます。

各種設備装置、警報盤、センサー、測定器、空調機、火災警報盤、水槽設備、温室設備など。

無電圧a接点信号、もしくは無電圧b接点(有線接続、接点入力)

1.特定小電力無線送信機

特定小電力無線100〜300m

2.特定小電力無線受信機
警報ブザーやパトランプを作動します。


工場、倉庫、大型ホール、野球場、テストコース、研究施設、市場、無人施設
港湾施設、鉄道施設、役所、自衛隊、移動する工事現場など様々な場所でご利用いただいております。
受注生産品ですので、屋内での使用、屋外での使用などご要望に応じて仕様のご相談をさせていただいております。


各種設備、警報盤
各種設備、警報盤
無電圧a接点信号が電波発信機に入力されると、専用の電波を発信。

→→→→→
特定小電力無線100〜300m
離れた事務所や通路などの目につき場所でパトランプを回転させます
受信機が離れた事務所や通路などの目につき場所で
パトランプを回転させて警報を発します。
監視員の少数化、人件費の削減、省力化、手間や労働力の無駄を省きます。
 商品の詳しい内容はこちらをご覧ください
<商品の詳しい内容はこちらをご覧ください。

接点入力型無線通報システム(特定小電力無線)
機器の設備接点信号を受けて電波を自動送信(特定小電力無線)、 離れた管理棟や事務所へ無線通報、着信すると警告ブザーや回転灯を作動させて異常を報せます。

送信機〜受信機までは長距離無線でやりとりしますので、自由に機器のエリアを設定できます。
通信距離は平均100〜300m。 途中に中継器を配置して、通信距離を伸ばすことも可能です。

送信機複数台+受信機複数台のシステム構成も可能です。

送信機、受信機は屋外設置可能な防雨ケースに収納したり、電源をソーラー電源に変更する事も可能です。 送受信機とも外部独立アンテナを標準に付属しています。
受注生産品。ご希望の仕様の御相談を承ります。
接点信号入力型無線通報システム(特定小電力無線)